Hot Soul News

極私的ではありますが、自分の身の回りのこと、それに拘わるソウルに関連したNewsコーナーです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Slow Soul Life 2010-114





BILLY KEEN - I Finally Got Wise (Galaxy 726)

さてBILLY KEEN話題でこちらの1枚も。。彼はL.A.のシンガーでVault関連の作品はUK Kentのコンピにて掘り起こされているが、個人的に1番好きな作品がこれ。そうサム・クック・マナーで歌われています。
スポンサーサイト
  1. 2010/09/08(水) 19:57:07|
  2. Sothern Soul-K
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

More Great Southern Soul #211

・・・#211


JAY W. KING - I Don't Have To Worry (skyscraper 6001)

NYからですが、これは割りと知られているディープ・ソウルだと思う。COZY TONES、CASHMERES、KING & SHARPETTESという様なグループを渡り歩いているらしい(未聴)。作品の沢山あるWINDSOR KINGもこの人。
  1. 2009/04/01(水) 18:23:44|
  2. Sothern Soul-K
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

More Great Southern Soul #188

・・・#188


TOBY KING - Love One Another (Cotton 1001)

ノース・カロライナから。。録音はこの地では有名なReflection Sound Studioです。Deesu #306で同内容のリリースがありますが、こちらがオリジナル。ニューオリンズとこの地の結びつきはELDRIDE HOMESなどのリリースから見ても結構あったようです。さて、内容ですが擬音入り泣きのバラード。
  1. 2009/02/12(木) 18:21:06|
  2. Sothern Soul-K
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

More Great Southern Soul #120

・・・#120


HERMAN KELLY - Let's Get Together (RCA 10527)

HERMAN KELLYといえば、コンガを叩くRare Grooveシーンで持て囃されたアルバムが目に浮び、ディープ・ファンにとって必ずしも好印象だとは思えないが、この作品については奇跡のディープ・バラードと言ってしまおう。CLYDE OTISのプロデュースによるN.Y.作品。
  1. 2008/11/18(火) 18:00:00|
  2. Sothern Soul-K
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

More Great Southern Soul #084

・・・#084


ROBERT KELLY - My Time To Win (One Way 113)

シカゴから続きます。。歌っているシンガーは確かKELLY BROTHERSの残党。プロデュースにKELLY BROS.と表記されているから兄弟の協力もあるのだと思う。塩っ辛いミディアムだが、中、後半にキツ?いシャウトも決めてくれる。

  1. 2008/10/09(木) 20:40:14|
  2. Sothern Soul-K
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

More Great Southern Soul #030

・・・#030


ERNIE K DOE - Let Me Love You (Island 031)

これも近年になって見直したシンガーの1人。70年代、Sansu盤等でも見せたディープ・シンギングにハートを撃ち抜かれました。。これ程までに素晴らしいとは。70年代以降のニュー・オリンズの人の中では今や私の中ではNo.1かも知れない。。
  1. 2008/08/04(月) 18:26:29|
  2. Sothern Soul-K
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Great Southern Soul #259

・・・Vol.13-B-06


BILLY KEENE - Losers Win Sometimes (Dottie 1134)

Ronn #41で同じ内容のレコがありますが、西海岸のマイナーで出されたこのDottie盤がオリジナルです。丁寧に歌われたこのバラードは胸にジ?ンと来ますね。ここには選曲されてませんが、マイ・ベストはGalaxy #726というお皿。こちらはモロにクック・フィィールで歌われた溌剌ミディアム。
  1. 2008/03/01(土) 17:21:31|
  2. Sothern Soul-K
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Great Southern Soul #213

・・・Vol.11-A-10


KING DIAMOND - Black Woman (Power House 1009)

昨日に続き裏の曲です。両面聴き物のダブル・サイダーという事です。
  1. 2008/01/10(木) 18:51:47|
  2. Sothern Soul-K
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Great Southern Soul #212

・・・Vol.11-A-09


KING DIAMOND - That's All She Wtote (Power House 1009)

KING DIAMOND。。またの名をO.C. TOLBERT。その殆どの作品が私にとっては素晴らしく、マイ・フェバリット・シンガーといえますが、このPower House盤以外は殆どがそこそこレアで入手がしづらいのが難点です。しかし、その難関を乗り越える価値のあるシンガーだという事はこの曲を聴けば感じとる事が出来ると思います。
  1. 2008/01/09(水) 18:54:40|
  2. Sothern Soul-K
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Great Sothern Soul #169

・・・Vol.9-A-07

THE KNIGHT BROTHERS - Nobody's Fault (from Tape)

これについては昨日までの編集盤LPにも収録されていません。権利の関係でしょう。オリジナルはMercury #72718です。Checkerで6枚のシングルを出した後、このMercuryで2枚のシングルを出しており、これがその1枚目です。
  1. 2007/11/02(金) 18:14:54|
  2. Sothern Soul-K
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

Counter

プロフィール

STD