Hot Soul News

極私的ではありますが、自分の身の回りのこと、それに拘わるソウルに関連したNewsコーナーです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

今年入手した上半期ベスト5・・・選外4、5

選外・・・その4



ROGER CALKINS - All I Want Is You (Loren 453)

入手が最近のことなので、他のお皿に比べ、我が家での出場回数が少ない。。選外としたのは、ただそれだけの理由です。J.B.風のピリ辛シンガーが歌う、素晴らしいブルージィ・フィーリングのバラード。カンザス・シティのレーベルからです。

選外・・・その5



THE SINGING STARS - Wait On Jesus (Ebony 15072)

これはゴスペルなので、一応外しました。サウス・カロライナのレーベルから、O.C. TOLBERT級のリードが炸裂するファンキッシュ・ミッド・ジャンプ・ゴスペル(変な表現)。兎に角、このリードの声でノック・アウトされました。

以上、2枚はA.N.さんのブログにて最近、教えて頂いたお皿です。
A.N.さん、この場を借りてありがとうございました。
スポンサーサイト
  1. 2007/06/10(日) 18:02:26|
  2. Records
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今年入手した上半期ベスト5・・・選外3

選外・・・その3



WILLIE & ANTHONY - Sugar Sugar Sugar (Blue Candle 1509)

この1枚で一応このデュオのお皿もコンプリートとなり、肩の荷も降りました。もう既に良く知られたお皿ではあるし、裏のバラードの方が有名かも知れません。個人的には同じ位好きなこちらのマイアミ・ダンサーをあえて取り上げます。
  1. 2007/06/09(土) 19:34:32|
  2. Records
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今年入手した上半期ベスト5・・・選外2

選外・・・その2



ROY GEE & THE HITMAKERS - I Can't Do It All By Myself (Hitmaker 500)

75年のフィラデルフィアですが、華麗なオーケストレーションもファルセットも出て来ない。出てくるのはカントリー・タッチのディープ・ソウルで、南部の方角を向いて歌っているかのようだ。中盤以降はシャウトも繰り広げられ、中々聴き応えありです。
  1. 2007/06/08(金) 06:35:25|
  2. Records
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今年入手した上半期ベスト5・・・選外1

欲しくも外れたグレート・ナンバーを数枚出します。

選外・・・その1



BILLY HAMBRIC - You're A Sweetheart (Fury 5005)

こちらもtkさんがHPで以前、紹介されてたもの。このFuryでは3枚のレコードが出されているが、2枚目となるこれが最も難易度が高いと言われています。尚、これと3枚目はハイ録音との事で、それだけでもまず興味を引くが、そこにBILLYのタフなヴォーカルが乗っかったビート・バラードが何とも素晴らしい。先日CD化で話題となったデトロイト・シンガーとハイ・サウンドのコラボも素晴らしかったが、このNYシンガーのBILLYのものも、また一味違った味わいがあり、成功していると思います。
  1. 2007/06/07(木) 17:47:10|
  2. Records
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今年入手した上半期ベスト5・・・その1

ラストです。。

上半期ベスト5から・・・その1



LEROY TAYLOR & THE FOUR KAYS - I'll Understand (Shrine 0101)

以前、何かの折にNAOYAさんに聴かせたのだが、「良くないね」と一蹴された曲。人に何を言われようが、私はこの曲を断然支持しますぞ。R&Bの香りを残しながらも、そこからソウル期へ突入して行く過程が垣間見られる好サンプル。JIMMY ARMSTRONG等で知られるWhashington D.C.のレーベルからですが、このうねるようなビートは若干ニュー・オリンズの影響をも感じさせる。この半年間、ここぞと言う時に最もよくターン・テーブルに乗せたレコードです。
  1. 2007/06/06(水) 18:05:51|
  2. Records
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今年入手した上半期ベスト5・・・その2

4つ目です。

上半期ベスト5から・・・その2



DAVID DEE - This Would Mean So Much (Vanessa 104)

これはtkさんに教えて貰ったレコード。全体にバランスが取れてるとは言い難いところが、tkさん言うところの変体系となるのだろうが、ヴォーカルからバックまで、この各人それぞれのパートが突出してとんがっている。所謂エグイのである。このエグさの結晶に心を打ちのめされました。
  1. 2007/06/05(火) 18:28:55|
  2. Records
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今年入手した上半期ベスト5・・・その3

では、3つ目行きます。

上半期ベスト5から・・・その3



JOE GRAHAM - Something Wrong With Our Love (Chant 526)

このレコはかなり長きに渡り、Want Listから消えなかった1枚ですが、今年になって、やっと手にすることが出来ました。先日出したRANDOLPH WALKERとラベル・デザインは違うものの、同じアトランタのレーベルです。少し力を抜き加減で歌われたこのビート・バラードが長年の苦労を和らげてくれます。
  1. 2007/06/04(月) 17:58:58|
  2. Records
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今年入手した上半期ベスト5・・・その4

では、2つ目ね。

上半期ベスト5から・・・その4



MILTON MARLIN - Wasting My Away (Carol 104)

このシンガーは大辞典によれば、ジョージア州アルバニィ産だそうだ。他にBruboon、Soul-Po-Tionでシングルを出してはいるが、いずれももう一つ決め手に欠けるといった感じだった。しかし、これこそは私のツボを刺激した1枚。クック・スタイルで歌われているだけについつい点数も甘くはなるが、良く歌われたビート・バラードです。尚、このお皿は大辞典では欠落してます。
  1. 2007/06/03(日) 10:21:32|
  2. Records
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今年入手した上半期ベスト5・・・その5

「Great Southern Soul」は小休止。。
ここで、上半期ベスト5やります。。

上半期ベスト5から・・・

a3a5.jpg


THE MAGICS - If I Didn't Have You (R.F.A. 100)

BOBBY PATTERSONがJetstarでやっていた曲をカバーする謎のグループ。ひょっとしたらBOBBYと同郷のテキサス辺りのグループかも知れないが詳細は不明。グループ名義だが、歌っているのは塩っ辛いリード一人。出来もBOBBYに肉薄!?いや、この曲に関してはBOBBY以上!?と思わせる程、イケてます。

--------------------------------------------------------------------
BOBBY PATTERSON - If I Didn't Have You (from CD,UK Kent 098)

レコ探すの面倒なのでCDから録りました。オリジナルはJetstar #107ね。。
  1. 2007/06/03(日) 10:14:14|
  2. Records
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Prayground Studio ・・・その2

昨日のLYさんのコメントで気付いたのがJOHNNY DYNAMITEのシングル・ラベルに記されたクレジット。(画像で確認してください)

johnnyd.jpg


"Produced By Finley Duncan for Playground Productions"とハッキリ確認できるので、これはこのフロリダのスタジオで出来た歌と判断して良いと思う。
で、こちらだがNAOYAさんが以前、詳しく触れられているので引用させて頂く。

♪ NAOYA 書き込み日:10月22日(土)10時48分39秒

JOHNNY DYNAMITE - EVERY'S CLOWN (MINARET 141)

この盤は滅茶苦茶レアで、僕も持っていない。 1度この曲が付いた裏付きコピーを見たけど、買えなかった。 ということで、「SOUL DYNAMITE/DEEP SOUL CLASSICS VOL. 7 (P-VINE 353)」より。 因みに表の「THE NIGHT THE ANGLES CRIED」もフェイム録音。 鈴木さんもライナーにそう書かれているので間違いないでしょう。(以上引用)

と言うことはShelby Shingletonの抱えるMinaret関連のアーテストご一行様はナッシュヴィルからフロリダ経由でアラバマ入りしたのではないかと推理できる。もしくはその後に再びレコーディング・ツアーを行ったと。Shelby Shingletonはこのスタジオで歌われたLEN WADEの曲に感銘して、Finely Duncanの許しを得て、JOHNNY DYNAMITEにFameで歌わせたのかも知れない。。。それだけの事ですが。。。

最後にこのお皿は去年収穫した私のベスト1であります。
そのコメントを再度、載せておきます。

今年度のゴールド・スリーヴに輝いたのはこの人のこのお皿。Nashvilleのレーベルからのリリースだが、恐らくマスル・ショールズ録音と思われる。バックの完成度の高さ、サザン・ソウルの流儀に則りながらも独特の哀愁感を放っている。21世紀に入ってもこれまでに残されたソウルはまだまだ埋もれているのでしょうね。来年もどんな素晴らしいソウルに出会えるのか、楽しみで尽きることがありません。

♪ SOULFULLY, NAOYA : 12月14日(木)22時09分18秒

これ。。欲しい。
オムニバスLPで聴けるけど、欲しい。
録音は、フェイムね。
  1. 2007/03/12(月) 06:37:01|
  2. Records
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ

Counter

プロフィール

STD