Hot Soul News

極私的ではありますが、自分の身の回りのこと、それに拘わるソウルに関連したNewsコーナーです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

今またSAM DEES

今更かも知れませんが、95年発売の"SAM DEES - Second To None"を買いました。未発テイクで固められた本CDですが、UK Kentのシングルで出ている「Tag Tag」(アさんの話ではこちらの方が尺が長いとの事)や他、人に歌わせた曲のライター本人によるオリジナル解釈を聴きたさに入手した次第です。
ライター本人も歌うというスタイルはソウル界においては極稀なケースだと思いますので、こういう聴き方が出来る人は貴重だと思います。
出てくる曲に、聞き覚えのあるフレーズ(BILL BRANDON、JOHN EDWARDS、LOLEATTA HOLLOWAY etc...)が飛び出して来ると思わず「ニヤリ」とさせられます。

bb-11.jpg


SAM DEES - Cry To Me (from CD, UK Kent 125)

bb-10.jpg


LOLEATTA HOLLOWAY - Cry To Me (from LP, Aware 2008)

そんな中、大好きなこの曲を貼り付けます。LOLEATTAのこの曲は一世一代の名唱だと昔から思っていた曲ですが、SAMのバージョンも素晴らしい。バックがシンプルでデモ的要素が強いですが。。曲の魅力、SAMの曲作りのセンスがここで露骨なほど出てます。LOLEATTAの方はバックに装飾も付けた完成形という感じです。こうして2つ聴くとより一層、この曲への愛着が沸いて来ますね。
スポンサーサイト
  1. 2006/05/14(日) 11:58:46|
  2. CD
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5
次のページ

Counter

プロフィール

STD