Hot Soul News

極私的ではありますが、自分の身の回りのこと、それに拘わるソウルに関連したNewsコーナーです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Naoya部屋 Classic 02/05/2013

さて、今日から有休を差し込んで5連休なので、ちょっと大掛かりな貼り付けをしょう。。題材は検証中のCOOL SOUNDS。





COOL SOUNDS -
Rag Doll / My Request (Pick-A-Hit 103)

まずは西海岸で結成された元々のCOOL SOUNDS。ここにはW.B.時代に出て来るバリトン・シンガーはいないく、女性がリードの中心的存在。他にSoul Town、Pulsarというレーベルからもシングルが出ているが、どちらも片面がW.B.時代、そしてもう片面が"Rag Doll"なのでこのお皿でまずは片付く。そしてこの後が問題の3枚。




COOL SOUNDS -
I'll Take You Back / Where Do We Go From Here (W.B. 7538)
Who Can I Turn To / A Love Like Ours Could Last... (W.B.7575)
Boy Wonder (Who Made Good) / Free (W.B. 7615)

ここでもヒアリングできるよう、W.B.での全録音を上げておきます。BBS上ではある程度の期間で消えて行きますのでデータは"Hot Soul News"に保存しておきます。オハイオのImperial Wondersやその周辺のアーティスト達がBobby Sandersを頼ってL.A.にやって来たのは事実のようです。そしてCOOL SOUNDSにバリトン・シンガーが加入したのも事実。これまで何の疑いもなく、このバリトンは1人と思っていましたが、よく聴くと曲によって少しクセが違うようにも思う。実は私、"Boy Wonder"以上に"Who Can I..."にLEO GREENのこのクセというものを感じました。"Boy Wonder"がLEO GREENならこちらもそうではないかと思っております。あくまでも推測の域を出ませんが。。。
スポンサーサイト
  1. 2013/05/02(木) 09:01:14|
  2. Naoya部屋 Classic
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<Naoya部屋 Classic 03/05/2013 | ホーム | Naoya部屋 Classic 01/05/2013>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://pops88.blog8.fc2.com/tb.php/1081-f1deae85
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Counter

プロフィール

STD