Hot Soul News

極私的ではありますが、自分の身の回りのこと、それに拘わるソウルに関連したNewsコーナーです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Slow Soul Life #065

・・・065


シスターズ・ラヴ - アンド・ディス・イズ・ラヴ /アー・ユー・ロンリー (A&M 107)日

そんな話題も出たので「アー・ユー・ロンリー」が久々に聴きたくなった。彼女等の中では最も知られているスタンダードだが、ここはビジュアル的楽しみも含んだ日本盤って事で。「アンド・ディス・イズ・ラヴ」は作りが大げさ過ぎる感じがして昔はあんまり好きじゃなかったんだよね。「アー・ユー・ロンリー」の方をよく聴いていた気がする。今、気付いたんだけど制作がジーン・チャンドラーなんだね。シカゴ録音?西海岸で編集って事みたい。
スポンサーサイト
  1. 2009/06/26(金) 07:19:38|
  2. CD
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<Slow Soul Life #066 | ホーム | Slow Soul Life #064>>

コメント

今日は! INDYです。Sisters Loveの日本盤はゴージャスなんですね~。私は裏は「The Bigger You Love」のいたってノーマルなやつ。。。。“Are You Lonly?”が欲しいです。ところで、私事の話を少し書かせていただきます。先日、古い友人の元を久し振りに訪ねてきました。40年近くSOULにどっぷり浸かっている人物で、今は亡き“八木チャン”から貰ったと言う「熱い想い(This Is SOUL)」を大事にしています。歓迎
のしるし?に聴かせてもらったのが、BEALE..st.のCarl Sims,CIRCLEのSpence James,FAMEのDan Penn(Lonnie Ray名義ではなく!)等々・・・。更に驚いたことは、プライベート・ビデオでした。Otis Clayの2度目の来日で、札幌公演の打ち上げの模様でして、市内のライブハウス?での全くのOFFのひとときが映し出されたのです。オーティスのみならず、ハワード・グライムスやティニー・ホッジスたちまでもが楽しそうに移っていました。しかも、日本人バンドの演っている曲のバック・コーラスを担当していました。ただ、ハワードとティニーは日本人から楽器を借りて演奏していました。久し振りと言うこともあり、積もる話(当然Soulのことです・・・)に花が咲き、再会を約して帰って来ました。とても楽しい一日でした。長々とスミマセン・・・。
  1. 2009/06/26(金) 12:07:31 |
  2. URL |
  3. INDY #-
  4. [ 編集 ]

INDYさん

良いお話ですねぇ~。。やはり持つべきはソウル友達ですね。共通の志があれば何十年の時間も一瞬にして打ち解けるパワーがある様に思います。しかし、その一緒にジャムったバンドの方々は一生忘れられない思い出となったでしょうね。。
  1. 2009/06/26(金) 19:34:02 |
  2. URL |
  3. STD #-
  4. [ 編集 ]

今日はINDYです。Sisters Loveの前身がThe Raelettsとのことで、1972年にTRCから発売された、彼女たちのアルバム「Yesterday...Today...Tomorrow」を引っ張り出してきて聴いて見ました。当時は5人組でしたのが4人組に変わっていますね。RayのプロデュースでアレンジもRayと言うこともあり、かなりジャギーな作りで、買った当時も、そんなに印象に残っていなかったと記憶しています。こんなに化けるものなんですね~。
  1. 2009/06/30(火) 16:24:11 |
  2. URL |
  3. INDY #-
  4. [ 編集 ]

RAELETTSというとBOBBY HARRISのいたFABULOUS FIESTASも歌った「One Hurt Deserves Another」のオリジナル曲を歌っていたグループとして印象が刻まれています。
  1. 2009/06/30(火) 20:26:09 |
  2. URL |
  3. STD #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://pops88.blog8.fc2.com/tb.php/752-046dadde
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Counter

プロフィール

STD