Hot Soul News

極私的ではありますが、自分の身の回りのこと、それに拘わるソウルに関連したNewsコーナーです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Naoya部屋 Classic 22/06/2013





MARY JANE HOOPER - I Feel A Hurt (World Pacific 77904)

ニューオリンズのレデイ・ソウル。。いやファンキー・ディーヴァと言った方がふさわしいかな。そんな中でこれは彼女のベスト・バラード。お国柄も感じるバック、漂う哀愁、ニューオリンズの風景が見えて来るようだ。レーベルもソウルとしては珍しいところから出てる。
  1. 2013/06/22(土) 07:56:06|
  2. Naoya部屋 Classic
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Naoya部屋 Classic 21/06/2013





ELLA WASHINGTON - Nightmare (Octavia 0002)

Soulful Kinda Musicのバイオ によれば彼女のデビュー作。この時点ではレコ番も?となっていたのでまあこのシングルもレアには違いない。フロリダのマイナーからで、泣きのバラードが胸を打つ。たしか2009年収穫のベスト5に入りました。
  1. 2013/06/21(金) 18:07:17|
  2. Naoya部屋 Classic
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Naoya部屋 Classic 18/06/2013





FRED BRIGGS - Sound Off (Groove City 202)

課題評価はするつもりもなく、彼は歌の才能よりも制作側の才能の方が長けていてこれも上手いとはお世辞にも言えないが、時代背景や楽曲等さまざまな要素が絡んで、ディープ・ソウル・シングルの名盤に仲間入りした。上手いとか下手とかとは別次元での賞賛を与えたいレコードです。
  1. 2013/06/18(火) 18:06:24|
  2. Naoya部屋 Classic
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Naoya部屋 Classic 16/06/2013





Tamla Motown Festival Tokyo '68 (日本ビクター SJET-8040) -
MARTHA & THE VANDELLAS - Dancing In The Street ~ I Can't Help Myself

もう一つ続けて終わりにしょう。。この続きはメルマガの日本盤魂図鑑にておいおいやって行きたいと思っております。さて、これはモータウン・フェスが日本に初上陸した時のもの。当初はこの2組のアーティストに加えテンプスも予定されていたらしいが、メンバーの病気で来られなくなったらしい。R&Bはこの頃、欧米では既にかなりのブームだったのだが、日本ではまだまだ少数派の人にしか知られてなく、日本への普及の第一歩だった。今では相当な知名度もあるお馴染みのナンバーを貼り付けますが、ライヴという事もあり、レコードよりテンポ・アップしてますね。パーソネルはギター:デヴィッド・ウォーカー、ベース:トレイシー・ライト、ドラム:メルビン・ブラウン、それに日本のビッグ・バンドを加えた構成と思われます。
  1. 2013/06/16(日) 08:10:19|
  2. Naoya部屋 Classic
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Naoya部屋 Classic 15/06/2013





Beat Time Vol.2 (日本グラモフォンSMT-1044) -
ベン・E・キング - 愛を奪わないで
オリーとザ・ナイチンゲイル - アイ・ガット・ア・シュア・シング

今朝からLPの棚卸しをやってました。以前、ダンボール1箱分の古い日本盤LPをオークションで格安で購入して押入れの奥にしまってありましたもの。目玉はフレデイ・スコットのShoutの日本盤とかモータウン系のペラ・ジャケ等。恐らく前世代のソウル・ファンの遺産です。ライナーも殆ど桜井さん以前の人達によるものです。さて、これはアトランテック系のオムニバス(コンピとは言わない時代)。Vol.1はインスト中心の構成でこのVol.2は歌者中心。貼り付けた2曲はノット・オンでシングルからの選曲と意外とマニアックなチョイス。2曲とも楽SOULに選出されている曲です。
  1. 2013/06/15(土) 12:31:27|
  2. Naoya部屋 Classic
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Naoya部屋 Classic 14/06/2013





MAURICE & RADIANTS - Baby You've Got It (Chess 1954)

Radiantsは枚数も多く、フォローしきれていないがワシにとってのRadiantsはコレ!9枚目のシングルに当たり66年の作品。ノーザンのリズムだけどちょっとクール且つディープに決めてくれる。この曲は伝説のTV番組 The Beat(Youtubeにもあり)で彼等の振り付け付動画も見られる。
  1. 2013/06/14(金) 17:04:16|
  2. Naoya部屋 Classic
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Naoya部屋 Classic 13/06/2013





FERGUSON, DAVIS & JONES - I Think I'm Gonna Cry (Epic 10592)

月並みなお皿ですが昨日、探し物をしていて何気に聴いたら素晴らしく良かったんで貼り付けます。溌剌とした感じがイイが中盤以降~後半にかけてどんどん熱くなる。Epicのもう1枚やデビュー盤のExhibiteは持ってないが、聴いてみたいなぁ。。これ以降のChess,GRTそれにLifestyle名義のLPは持っているがよりグループ寄りな作品。
  1. 2013/06/13(木) 17:30:05|
  2. Naoya部屋 Classic
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Naoya部屋 Classic 12/06/2013





LITTLE WILLIE - My Heart Is Yours / The Boomerang Thing (PJ 1002)

Willie Johnsonのソウルとしてデビュー盤ですが、VENDELLA'Sが最初と思っていてこれの存在はジョンのページで紹介されるまで知りませんでした。故に入手したのも近年。Future Stars盤をはじめディープ・ソウル・ファンが最も愛して止まないシンガーでなないでしょうか。。
  1. 2013/06/12(水) 17:24:45|
  2. Naoya部屋 Classic
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Naoya部屋 Classic 11/06/2013





JIMMY "SOUL" CLARK - I Blew A Good Thing / Soul (Karen 106)

Volumesにあやかって100番代のKarenセカンド・シリーズからもう1枚。ノーザンでは有名な人でこの人の人気盤はこれではありませんが、他の盤で見せるノーザン然とした歌い方とは一線を画しここではかなりディープな面を露骨に出しています。Volumesにも共通して言えるのですが、実は個人的にはこのKaren盤が1番好きです。バックもVolumesと共通していると思われます。
  1. 2013/06/11(火) 17:14:34|
  2. Naoya部屋 Classic
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Naoya部屋 Classic 10/06/2013





ANN PEEBLES - Make Me Yours (from LP,Hi 32053)

昨日は久々に1日中レコード聴きまくっていました。LP中心にですが。。有名曲を他のシンガーが歌ってたりって以前は気付かなかった新しい発見とかあって楽しいものでした。これもそんな1曲。オリジナルはベテイ・スワンですが、この曲もかなりの人にカバーされてますね。ZZ Hill、Jackie Moore、Bobby motgomery、最近では未発曲でSpencer Wiggins。どれもYoutubeで確認できますが、ANN PEEBLESも歌ってました。Hi Soundに乗るこの曲ってのもオツなものです。
  1. 2013/06/10(月) 17:38:03|
  2. Naoya部屋 Classic
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

Counter

プロフィール

STD